iStock_000053501896_Medium

姓名占いの特徴

姓名占いの特徴は2つあります。

2つの方法が存在する画数を占うときには旧字体の漢字と新字体の漢字を見るかの、どちらかの特徴です。後者は最近ではほとんどのやりかたで見ている場合が多いのであります。字が日々新字体ゆえに使用しているのです。間違いだらけの旧字体で先生が判断するのもいます。

旧字体で姓名判断は調べること基本は、姓名判断(占い)で旧字体の先生は有名ゆえに見ます。それは勝手に画数が漢字に変化するという理由です。表意文字という漢字が呼ばれ、深い意味がもともとあって、文字が意味のためにものではない成立している考えです。終戦後に筆画は最近できた略語で、秘められた漢字に消したものです画数を。鑑定しても新字体は正確な画数は導かれません。

ひらがななどやカタカナなどやアルファベットなどは表音文字です、ついでにいうと。中心とした音をこちらの文字で、漢字にそなわっていないのです意味というものが。率直に表音文字の画数を数えないのがよく、偏や旁を考えなくてもよいのです表意文字のように。たとえば3画でなく6画です、くさかんむりは。漢字を表音文字で分析しない成り立ちを警戒です。鑑定は旧字体字源派といわれ、割り出した漢字のミナモトの画数を目的としたことをいいます。