ハワイのヒーリング「ロミロミ」

ロミロミとはハワイに古くから伝わるヒーリング方法です。ハワイ語で「揉む、マッサージする」とか「手のひらから伝わる愛情」と言う意味があります。

古代ハワイでは自然と大地のエネルギーを「マナ」と呼び、住民たちはこれに対して深い畏敬の念を持っていました。マナを操る特別な力を持つ神官は「カフナ」と呼ばれ、祈祷や政治、医療などに分かれてそれぞれの専門分野を担当していました。医療は祈祷などと同様の崇高な儀式と認識されており、「ヘイアウ」と呼ばれる神殿を中心に行われ、カフナの祈りで始まり、患部に触れたり、揉んだりしました。しかしカメハメハ2世の代に禁止され、その伝統が途切れてしまいました。現在のものはハワイ島にいたアンティ・マーガレットが先祖から伝来していた門外不出の方法を公開したことに始まっています。

このため現在ではハワイでも伝統的な訓練を受けた治療的要素の強いものから、短期間の訓練を受けたセラピストが行うものまで、様々なスタイルやレベルのものが混在しています。共通している事は自然や大地に対する感謝の祈りで始まり、祈りで終わることです。大自然のエネルギーやパワーを貰い、これに感謝しながらオイルを使い、心と身体をリラックスさせて、バランスを整え、元の状態に戻すことを目的としています。

日本では1970年代頃から一般に認知されるようになり、現在では都内をはじめ全国にこれを行うサロンが広がっています。