占いの主な3つの種類

占いは大きく分けて3つに分類されます。それは、「命(めい)」「卜(ぼく)」「相(そう)」です。

まず「命」は、生まれ持った運命や宿命、運勢等を見る占いです。星座占い・四柱推命・誕生日占い・動物占い等が「命」の占いに当たります。

「卜」は、現在のことや近い未来のことを見るのに向いている占いです。「卜」の占いは、霊的な力やタイミング、運等によって判断されます。タロット・ルーン占い・おみくじが「卜」の占いに当たります。

「相」は、今は確かなことでも後に移りかわる占いです。人相・手相・風水・姓名占い等から判断されます。

大きく分けて、これら3つになります。

また、この3つの他にスピリチュアルもあります。スピリチュアルは霊的、精神的な力、自然や物質などから発生される力によって占うものです。心理療法や未来の悩みを相談することに用いられています。このスピリチュアルは、霊視・霊感から判断されます。

占いを行う際には、自分が知りたい結果や方法を照らし合わせて選ぶようにしましょう。

事 前に占いについての知識を身に付けてくことも大切です。しかし、占いはあくまでもアドバイスの1つなので、占いで悪い結果が出たからといって落ち込む必要 はありません。また、その占い結果にならないように努力して日々の生活を行っていれば運命・運勢変わるかもしれませんよ。